ハマビシ(ハマビシ科)(絶滅危惧種)

ハマビシ
分類

界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : ハマビシ目 Zygophyllales
科 : ハマビシ科 Zygophyllaceae
属 : ハマビシ属 Tribulus
種 : ハマビシ T. terrestris
学名 Tribulus terrestris 和名 ハマビシ(浜菱)

ハマビシ(浜菱、学名:Tribulus terrestris)は、南アジアから東欧にかけてみられるハマビシ科の多年草である。砂浜に生える海浜植物であるが、乾燥地帯では内陸にも生育する。

日本では東北を除く本州~四国・九州にかけての温暖な海岸に自生する。全草が棘に覆われており、7~10月頃に黄緑色の小さな5弁花を花茎の先に一つ咲かせる。花のあとには直径1cmぐらいの硬く棘のある菱形の実を付ける。

欧米では、体内のテストステロン量を保つ作用があるハーブとして、健康食品などに入れられている。

また、果実を乾燥したものは疾黎子(しつりし)という生薬で、利尿、消炎作用があるとされる。最近では、海浜の環境破壊により生育数が激減しており、環境庁により絶滅危惧IB類に指定されている。各県のレッドデータブックでも同様の扱いです。

1~2年生草本。茎は基部から分枝し、地上をはうか斜上して長さ1mに達することがあります。7~10月ごろ黄緑色の小花を着けます。果実は直径1cmぐらいですが、果皮が非常に硬く10本の鋭いとげと、それより短いとげ状の毛があります。

満潮線より上方でやや土の湿った砂浜に育ちます。海水浴場では、果実にトゲがあるため除去されることがあります。

日本では本州(関東地方、福井県以西)、四国、九州に分布し、県内では岩国市の島しょのみに生育していましたが、数年前から見つかっていません。

国外では中国、朝鮮半島、チベット、インド、アジア西部、ヨーロッパ南部、アフリカに分布しています。

全国的に海岸開発で激減しており、見られなくなった箇所も少なくありません。県内では生育地が1ヶ所と限定されており、個体数もごく少数である。海水浴場では果実にとげがあるため除去されることがある。 1~2年生草本。茎は基部から分枝し地上を這うか斜上して長さ1mにも達し、軟毛がある。葉は対生し羽状複葉で4~8対の小葉からなる。小葉は長楕円形でやや鈍頭、長さ8~15mm、幅3~4mm。7~10月ごろ黄緑色の小花を単生し、短い花柄がある。がく片5個とほぼ同じ長さの花弁が5個。果実は直径1cmくらい、果皮は硬く、10本のとげとそれより短いとげ状の毛がある。

日本では本州(関東地方、福井県以西)四国、九州に分布する。県内では岩国市の島嶼から知られる。国外では熱帯から寒帯地域の海岸砂地に広く分布する。

経済的に重要な種はほとんどありませんが、その中ではユソウボク(Guaiacum Officinale、リグナムバイタとも)が有名です。木は多量の樹脂を含み、世界でもっとも硬く重い木材でです(比重1.28~1.37)。木はスクリューの軸受けなどに用いるほか、樹脂をグアヤク脂と呼んで薬用その他に用います。また、ハマビシは欧米ではハーブとして用いられます。

帯~暖帯地域に自生する一年草、または、二年草
茎は、多く枝分かれして、地上を這い、最大で1メートルにもなる
葉は、4~8対の小葉の偶数羽状複葉、小葉は長楕円形、両面には白い毛がある
花は、7~9月に、黄色い5弁花を一つ、花茎を伸ばしてつける
花後、刺のある朔果(さくか)をつける
採集と調整
秋9~10月、果実を採取して日干しにして乾燥させたものを生薬(しょうやく)で、蒺梨子(しつりし)という

薬効・用い方
有効成分として、タンニン、茎葉に、ゲオスゲニン、ゲドゲニンを含有
風邪の頭痛、めまい、眼精疲労など目の疾患に、1回量5~10グラムを水、0.3リットルを半量まで煎じて服用する
中国では、滋養強壮にハマビシの粉末服用するという

その他

名の由来は、果実に2個の刺があり、ヒシの実に似ていて、浜辺に自生することから、ハマビシの名になりました。

「本草和名(ほんぞうわみょう・918)」には、蒺梨子(しつりし)には、和名波末比之(はまびし)の字をあてています。

中国の古書「本草綱目(1690)」には、李時珍(りじちん)の説で、「蒺は疾(はやし)で、梨は利(するどし)です。この草の実は人を刺し、傷つけることがはなはだ早く、鋭いということから」という記述があります。

中国では、海岸以外の内陸にもハマビシが繁茂していて、人に付き、足元に転がり、歩くことに支障が出ることを利用して、鉄蒺梨(てつしつり)という、地面に撒く戦闘用具が生まれたといいます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハマビシ