オオゴンオニユリ(ユリ科)

オオゴンオニユリ

オオゴンオニユリ

貴重な植物が植物園に仲間入りしました。

対馬の固有種で自生が見つかっていないオオゴンオニユリです。

と、言うことは絶滅したと考えられる植物になります。

50年前、長崎大学教育学部の外山三郎教授が対馬で自生していたオオゴンオニユリのムカゴを持ち帰り、島原の植物研究者が50年間育てた株を分けて頂きました。

当園の希少植物増殖園のボランティアさんが今回植物園へ寄贈したものです。

北松農業高等学校の先生が育てている黄平戸百合と良く似ていますが、ムカゴが出来るか出来ないかで区別します。いづれも自生は絶滅したと考えられています。

こちらも農業高等学校様の好意で当園で育成しています。